新装置の威力

写真はブロッコリーです

 

芽がでて数日、順調です

順調すぎるくらい順調です

 

前にも書きましたが、今年から

新しい芽だし機を購入しました

 

結構な値段してて

「これ、元とれるのか・・」

とか思ってました

 

 

いざやってみると、かなり出揃っていることがわかります

古い芽だし機だと、8割くらいになることも。。

この時期に2割少ない、というのは

とても重要です

採れるときも2割減るということになりますからね

 

「2割減を見越して蒔け」という話になりますが

安定感という意味では安心感につながりますね

こちらはレタスとカリフラワーです

防虫ネットを剥がないところに

私の写真センスのなさを感じますね

 

 

ほかの野菜も同様に9割5分以上出てる感じです

何年も使い続けられれば元はとれそうですね

 

 

ナス科のものは芽だしを小さなポットでやったので

もう少し大きくなったら3寸ポットに植え替えになります

(トマトは木が大きく重くなるので4寸ポット)

本葉が出ると頃合いですね

 

 

明日の朝まで春の嵐だそうです

出しっぱなしのバケツとかビニールとか

飛ばされてそうですね

日ごろの無精のツケが廻ってきそうです